ファクタリングとはFactoring

Factoringファクタリングとは

ファクタリングとは

お客様が保有している売掛債権(売掛金)を当社が買取り まだ入金日になっていない売り上げ分を素早く資金化するサービスのことです。
ファクタリングには「2社間」と「3社間」の2種類あり、2社間契約ですと 取引企業様に通知を行わずにファクタリングをご利用いただけます。

2社間

3社間

Examplesファクタリングの実用例

  • 建設業の利用事例

    ファクタリングで最も利用が多いのが建設業界
    下請け・孫請けと支払いの仕組みが複雑な点と支払いサイクルが長いことから資金繰りが難しい業界です。
    特に土木工事関係は公共事業も多く支払いが安定していることから、ファクタリング会社側も積極的に債権買取を行ってます。
  • 運送業の利用事例

    トラックが主となる運送業は車両購入や突然の事故・故障などイレギュラーなトラブルのために急な資金確保を必要とする場面が多くあります。
    また、経営状況が安定していてもガソリン・軽油の価格が高騰すると赤字転落のリスクを追うため、ファクタリングを利用されるケースがあります。
  • 貿易業の利用事例

    海外送金や通貨間の為替変動が大きく影響するため資金繰りがシビアな業種です。
    そのため、経営のバックアップにファクタリングを選択する方も少なくありません。
  • アパレル業の利用事例

    季節により取扱量に増減が目立つアパレル業でもファクタリングが一役買っています。
  • 携帯電話販売業の利用事例

    販売報奨金制度により成り立つ中小の携帯電話販売業者。
    複数の代理店を挟んでいるケースもあり、成果発生から入金までのスパンが長いのが特徴で、 ファクタリングを採用されることが多いです。
  • 介護業の利用事例

    一般的に介護業界で利用されるのは診療・介護報酬ファクタリングとなり、国保から入金される予定の報酬を前倒しするものです。
    診療報酬の債権譲渡は柔軟で3社間ファクタリングとして契約できるので手数料も一桁台で済むことがほとんどで、 ファクタリングはニーズにマッチしているといえます。
  • 人材派遣業の利用事例

    資金繰りとは一見縁がないように思われる業種ですが、給料先払い、売掛先からは数ヶ月遅れての入金と キャッシュ確保が困難なシステムとなっとており、建設業に次いで2番目にファクタリング利用が多い業種です。
  • 不動産経営の利用事例

    入居者からの家賃や管理費収入を債権として、買い取ることが可能です。急な修繕費・礼金の支払いなどのお役に立ちます。
  • インターネット通販業の利用事例

    通販は商品開発・広告・初回無料キャンペーンなどの初期持ち出しに加え、クレジット決済による入金の遅れが多くあり、 ファクタリングを利用される方が数多くいます。
  • 土木業の利用事例

    竣工の遅れなどで資金繰りが難しくなるケースに、ファクタリングがお役に立てます。

Flowお申込みから入金までの流れ

Contactお問い合わせ

ファクタリングのことなら沖全サポートにお任せください!

受付時間 / 月~金10:00~19:00